2017年11月「KOTOBAと戯れるセミナー」→2018年7月「キングダムセミナー」→2018年8月「1億円セミナー」と、絶えず自分にしかできない「唯一無二のセミナー」を意識し実践してきた私 三浦孝偉が、満を持して、このテーマで開催することにしました。 私がどんなビジネスでも人より「圧倒的に早く」結果を出せる秘密。 「魅せ方 セミナー」開催決定 これこそが、インターネットがMEDIAのKINGになるのも時間の問題である「令和」という時代に最も必要なスキルだったりします。 当日は、本当は近しい人にしか話したくなかった、私のコアのコアの戦略・戦術のすべてをお伝え致します。



こんにちは、三浦です。

この度、昨年ご好評を頂いた「1億円セミナー」以降、
1年ぶりに一般セミナーを開催させて頂くことにしました。

一般セミナーとはいえ、基本は僕のメルマガ読者様だけへのご案内になるので、
自己紹介は割愛させてください。

日々お送りしている18:30のメルマガに何かしら感じてくれている方は、
7分だけお付き合い頂き、参加を決めて頂けましたら幸いです。

それでは、令和の一発目のセミナーのご案内、
あなたに届けたい想いを綴っていきます。

公務員 副業絶対禁止の環境下でも自分の為・家族の為にあらゆることに挑戦する THE 努力の男:アラフィフKさん

セミナー開催決定、おめでとうございます!

2018年夏、あの動画を視た時から私のマインドは大きく変わりました。

ネットビジネス界では知らない人はいない
小玉歩さんのセミナー動画です。
その中に登場する1人の男。 小玉さんと同じくらい、
いやそれ以上に態度がデカい男が・・・

「三浦孝偉?なんだ、この人?」
これが三浦さんに対する最初の印象でした。

しかし… 「この男…、話している内容が面白い。そして何より、…アツい」

気がついたときには、三浦さんが主催する「1億円セミナー」に申し込み、
そのまま個別コンサル「breakthrough」プロジェクトに
即断即決で参加してしまいました。

私はアラフィフの公務員。 会社ではそれなりの地位もある私が、
なぜ年下の三浦さんに教えを請うたのか。

その理由は…、 「この人、すごい」と単純に思えたからです。

その後、breakthroughでの4か月間、三浦さんから徹底的に
「ビジネスマインド」「ビジネスの本質」を教わりました。

三浦さんは、本気でぶつかれば本気で返してくれました。
年上の私に対しても、遠慮なく、容赦なく、伝えるべきことを伝えてくれました。
質問に対しては、こちらが想定する以上の答えを返してくれました。

「ネットビジネス業界にはエセコンサルが多い中、この人はホンモノだ。」

それが、今の私の三浦さんに対する印象です。

たとえ、あなたの年齢が50代であったとしても、
三浦さんのセミナーで「人生」が変わるはずです。

たとえ、あなたの会社での地位が高いとしても、
三浦さんのセミナーでは「気づき」があるはずです。

たとえ、あなたがネットビジネスで大きな成果を上げていなくても、
三浦さんのセミナーで「何か」が変わるはずです。

私にとって、三浦さんのセミナーは、
それほどまでに大きな影響があったことは確かな事実です。

20代 箱入り娘だった歯科衛生士女子。たった1回のセミナーで人生観を変え新しい人生を歩んでいる素敵女子

セミナー開催おめでとうございます。

一年前の夏、導かれるように出席した1億円セミナーがきっかけで、
ずっと足踏みしていた私がやっと動きだしました。

ネットビジネスのことなど全くわからず、
何を言っているのかさっぱりかと思いきや、
不思議なことに頷きっぱなしだったのは、
三浦さんの経験を嘘偽りなく話しているのが
伝わってきたからだと思います。

なにこの話、面白い!
1億円セミナーに出席する前に聞いた、
不動産投資の話なんか比にならないくらい面白い!


10年間歯科衛生士として働き、仕事は楽しくやりがいもあり、
それなりに充実していましたが、なんだかずーっとモヤモヤしていました。

モヤモヤする日々で副業も考えていた私。

その副業に関するセミナーということで
知人から1億円セミナーの存在を教えてもらいました。

「変化」を求めていたことにも気づきました。

自分が変わりたくて変わろうとしているのに、
それに気づかぬふりをしてただモヤモヤし、
ぬるま湯につかったまま進もうとせず、
惰性の日々を送っていたのだと三浦さんに気づかせてもらいました。

セミナーに行ってよかった。

思い切って三浦さんのコミュニティ『breakthrough』に入ってよかった。

この先10年後のなりたい自分に向かって歩き出しています。



突然ですが、皆さま、「缶入り煎茶」という言葉をご存知ですか?


缶入り煎茶

・ ・・・・
・ ・・・・
・ ・・・・

実はこれ「お〜い お茶」の前の商品名だったりします。

今じゃ、知らない人はいないお茶の王様、伊藤園の「お〜い お茶」。
中身は全く一緒なのに、名前を変えただけで大ヒット致しました。


マスクと綿棒

昔からある、マスクやめん棒も
ただ「色を付けただけ」で売上げが10倍にもなった企業すらあります。

これも驚きました。

人間失格

中身は全く一緒なのに表紙を変えただけで、
発売およそ1ヶ月半で7万5千部を売り上げる異例のヒットを生みました。

もっと共感して頂くべく皆様の近しいところでの例も挙げてみましょう。

そういった不可解な現象が起きるのはすべて

「魅せ方」の問題だったりします。



残念ながら「魅せ方>中身」の時代なんです。

魅せ方



「商品が良かったからです」
「お客様のご理解があったからです」
「社員が頑張ってくれました」


成功した企業のこういった杓子定規の話にはもうウンザリです。

彼らは「成功すべきして成功している」。
しかも緻密な裏技的な計算で。

だけど、彼らは絶対にその「秘密」は漏らさない。

そりゃあ「中身」が良いものは売れる。

しかし、じゃあ逆にお聞きします。

「中身が良いモノが全部売れるのか?」

答えは当然NOです。

日本は技術の国。しかし素晴らしい技術を持った企業でも
廃業に追い込まれる。

そんな中、海外から黒船のようにいきなり現れ、
派手なパフォーマンスを発揮し、
日本よりも劣る商品・サービスが蔓延っているのが今です。

そして個人起業家も中身がスカスカでも
「魅せ方1つ」で、売上を立てている人は後が立たない。

魅せ方が上手なだけでテレビに出て
頭の悪さを露見している人も多数。

そういう奴ら、、

「カッコ悪くないっすか?」

そして、化けの皮が剥がれた瞬間、クレーム・訴訟対応。

「カッコ悪くないっすか?」×2回目

そして、

「メンドくさくないっすか???」


僕は別に彼らをどうしようとは思わない。
勝手にやってくれ、、という感じ。

だけど僕の周りは、本当に優秀で努力家が多いが、
たった1つ、、

その「魅せ方」が下手くそで損をしている人がとても多い。

そしてそんな素敵な人ほど「魅せ方」が上手な人に
搾取され続けているのにも怒りを感じる。

「誰に怒りを感じるのか?」

騙す方じゃないです。

騙される方にです。

真面目に愚直にやっているのに、
魅せ方が下手くそな人に怒りを感じます。


だから学んで欲しい。

彼らはどのようにして中身がスカスカなものを
良く魅せているのか?

その秘密を知ることで、

中身も素敵で、魅せ方も上手に行い
ビジネスを発展させて欲しいと強く願います。



差別化が図れなくなって来た時代が「今」です。



これからの時代、益々この「魅せ方」を知っているか、どうか?で
ビジネスだけでなく人間関係も差が付く一方になります。

この機会にぜひ会場に足を運んで頂き
「魅せ方」に付いてとことん研究することを強くお勧めします。

なぜならば、今の日本は本当に豊かで、
モノもサービスも飽和している状態
だからです。

極論をいうと「あなたのサービスを買う理由」
なんつうのはどこにも存在しない。

わざわざ実績もなく無名である
「あなた」から学ぶ必要もない。

もし、あなたがまだ世に出ていない
技術や知識があれば別ですが、まあ僕と同様

「そんなものはない」と思います。

別にそれは僕ら個人だけの問題じゃない。

スティーブ・ジョブズのような天才が、
ガラケーしかない時代にスマホを開発して大ヒット!
なんつうのは、数十年に一回あるか無いかです。

大半はどの企業も、似たり寄ったりのサービスや商品を
手を変え品を替え「魅せ方」を替えて騙くらかして売っている。


個人のネット起業家もそうでしょう。

同じようなノウハウだけど、
塾の名前やサービスの中身を微妙に変えて販売している。

その世界には「先行者利益」なんつうのはありません。

先に出したとか、後出しが不利・・・みたいな時間軸はどうでもよくて

「どっちの方が魅せ方が上手なのか?」

その戦いだったりします。

そしてそれは、「人と人の関係」においても如実に現れる。

いつでもどこでもたくさんの人に囲まれる人。
どこに行っても浮いてしまう人・・・。

同じような活動をしているのに、
うまくSNSを活用している人は、より多くの仕事が来るけれど、

全く「魅せ方」がわからない人はいつまで経っても拡散されない。

いつまで経っても肉体労働から脱却できないでいる。



本当は「ブランディングセミナー」と名付けようとしておりました。

ブランディング



「魅せ方」と「ブランディング活動」は正に表裏一体の言葉です。

ご存知、ブランド=高級品という概念ではありません。

ブランドの話をするとまた小難しくなるので深くは突っ込みませんが、
簡単にご説明させて頂くと、あらゆるモノやサービスだけでなく
「人」も含めて、他人からどう見えるのか?どう感じるのか?

「ブランド=イメージの総体」という説明が一般的ですが、
このブランド力があるかないかで、売上は劇的に変わって来ます。

今、商品・サービスの中身で差別化が図れない多くの企業は
「企業ブランドイメージ」をあげる活動に注力しております。

「イメージで選ばれる企業へ」

その為には、自分たちのコアのコアを模索し続け、
世の中からどのように見られるか?
「イメージの総体」の研究に日々追われている状況です。

その流れを理解している個人起業家も同様です。


「俺は俺の道をいく」
「周りの目を気にしない」
「好きなように、思ったことを自由に発信すればいい」


一見聞こえはいいですが、そういうことを謳っている人に限って、
めちゃくちゃ「魅せ方」を研究していたりします。
言葉通りに受け取っちゃいけない。

何気ない一言、言動で売上げが変わって来る、、
ある意味チャンスでもあり恐ろしい時代でもあります。

なので、
「ブランディングセミナー」じゃなく
「魅せ方セミナー」にした背景もご理解頂けるかと思います。



「魅せ方」が最も活かされるビジネスが「情報発信ビジネス」。

30代 物販ビジネスを極めエリートサラリーマン脱サラした誰からも愛される人気者E氏

【僕から見た、三浦さん】

僕から見た、三浦さんについてお話します。

初めて会ったのが4年前です。
そこから日々、三浦さんの活動をチェックしていますが、
広告やLINE@などビジネスの近道になりそうな手法を一切使わずに、
常に『王道』だけを突き進む人です。

一見遠回りに見えますが、常にビジネスが上手くいってるし、
これからも何十年ずっと上手くいくであろうと思っています。

僕なりに偉そうに、三浦さんが上手くいき続けている理由を分析しました。

=============================

①積み上げ(資産)型になるビジネスに集中していること。

オウンドメディアを常に強化・改善して
1日の取得リストを増加させている。
ステップメールの改善を何度も行い成約率を高めている。

要するに、時間をかければかけるほど、
レバレッジが効いてくる作業に集中していること。


②圧倒的にインプットが多いこと。

小説や映画やTVをとにかく観まくってる。

それを圧倒的に行うことで、生きたメルマガ、
パワーのあるメルマガをいつも書く事が出来ている。

常に自分自身の能力を上げることに時間を割いている。


③テーマが「ビジネス系」の情報発信であること。

この業界のほとんどが「稼げる系」の情報発信が多い中、
三浦さんは更に抽象度を上げた「ビジネス系」の
情報発信なのが強みだと思います。

テーマが「稼げる系」だと、読者が稼げなかったら離れていくし、
逆に稼げてしまっても飽きられます。

なので、永久に不変的である、
「ビジネス系」のテーマの情報発信はある意味最強だと思います。

④毎日メルマガを書いていること

恐らくここが一番三浦さんの強みだと思います。

遊んでる時や家族で旅行している時も、
かかさず毎日メルマガを書いている三浦さんはマジで圧巻です。

「ユーチュバー」ならぬ「メルマガー」です。

=============================

以上ざっくりですが、僕が勝手に思ってる
三浦さんの活動が常に上手くいっている理由です。

最後に、、、

「10年も20年もビジネスを続けていきたい!」 と思ってるなら、
三浦さんのセミナーに参加して、以下のことを実感して頂ければ幸いです。

・「ネットビジネス」では無くて、ガチの「ビジネス」を。
・「マーケティング」では無くて、いかに「人に喜んで貰えるか」を。
・「近道」では無くて、「王道」を。

ご存知、付き合いの長いYouTube加藤さん。今じゃYouTubeだけでなく情報発信者・指導者としてもTOPクラスの実力者

僕が三浦孝偉さんから指導を受け始めたころ
ちょうど "情報発信バイブル" という三浦さんの教材がリリースされ

有力者も含め、みんながこぞって紹介した
一種のお祭りのような出来事がありました。

当然、僕も紹介しよう、と。

渾身の企画を考え
意気込んで初日を迎え....

結局トータルで、
2名の方にしか手にして戴くことができませんでした。。

今も懐かしく苦い思い出として心に残っています。

反面教師として
その当時のメルマガを時々読み返すこともあって

読んでいて恥ずかしく、穴があったら入りたいくらい
ほんと自己表現が下手でした。

実際、僕がメルマガを始めた当時の実績は、

1ヶ月目:0円
2ヶ月目:0円
3ヶ月目:0円
4ヶ月目:0円
5ヶ月目:0円
6ヶ月目:1,194円

です。

メルマガ始めたはいいけど、
何を発信したらいいのかまるで分からず、

今振り返ると
日記のような文章しか書けませんでした。

こんなショボい凡人な僕が

三浦孝偉さんコンサル企画である、BREAKTHROUGH プロジェクトに参加し
昨年の11月、売上1062万833円を達成できました!


しかも、この売上すべてネット完結です。

ちょっと自分でも信じられないくらいの成長を果たすことができ
三浦さんには感謝してもしきれないくらい感謝しています。

僕自身、三浦さんのセミナーは
ほぼほぼ毎回参加させて戴いており

今度はどんなセミナーかな、と。
ワクワクしながら東京へ向かいます。

そして、そのどのセミナーも期待を上回る何かを提供してくださいます。

時には予定調和を崩し、
まったく想像していなかった刺激をいただくこともあり

まさにエンターデミックな空間が
三浦孝偉さんにより創り出され

今度のセミナーはどんな仕掛けがあるのか?

今から心が躍っています。
今回も期待に胸を弾ませながら東京へ向かいます。

「魅せ方を理解すると情報発信ビジネスで成功できる」

逆に、

「魅せ方を知らずに情報発信ビジネスをやっても滑る」

多くの方の発信が詰まらない理由は、
「魅せ方」を知らずにテキトウに発信しているからです。

具体的なお話に入る前に少しだけ、僕の人生レベルを変えてくれた
「情報発信ビジネス」に触れさせてください。

このお手紙をご覧頂いている皆様はご存知かと思いますが、
2013年の夏から始めたメールマガジンも今年で7年目になりますが、
ほぼ毎日18:30にお届けしております。

なんだかんだ配信したメルマガは先月で
2,000通を超えました。

なぜ、そこまで情報発信・メルマガに拘るかと申しますと、

「情報発信ビジネス最強説」

と心の底から思っているからです。

そして、その最強ビジネスは

「魅せ方」を学ぶことで、
一気に爆発するビジネスであるということ。


2012年の夏から個人事業主として活動を始めて、
それこそ色んなビジネスにチャレンジしましたが、
行き着いた結論はこれです。



「今の時代、【魅せ方】を知り、発信すれば誰だって人生を変えることができる。」

人生を変える



たくさんの方を指導させて頂きましたが、
やはり「大きく」人生レベルを変えた人は
情報発信をしている人が圧倒的に多いです。

2015年の10月に「情報発信バイブル」なるものをinfotopから販売させて頂き、
今そろそろ累計で1,500本くらいになります。

そりゃあ購入者全員がこれでHAPPYになったとは思いませんが、

「あの教材でネットビジネスを始めて人生が変わった」
「あの教材で発信を始めて人生が変わった」
「個人ブラデンィング(魅せ方)の重要性を感じた」


と多くの方に賛同頂いたのと、
未だに何十回も読み返している人の話を聞くと
本当に作って良かったな〜と思います。

今の自分はネットビジネスというより
「情報発信ビジネス」を行なっている感覚でございます。

ぶっちゃけ「ネットスキル」あまり無いですしw

今の時代、副業や起業・個人事業主・YouTuberという言葉が、
僕が個人事業主になった2012年に比べて
明らかに社会的地位を確立しております。

終身雇用の崩壊の危機も囁かれる中、

「新しい働き方」

ということに誰も真剣に向き合わなきゃいけないし、
昔よりも選択肢が増えたことで自分で未来を切り拓ける可能性が
格段に増えて来ました。

今の時代、そりゃあ色んなビジネスが存在します。
稼げるジャンルも多いでしょう。ただ、なんていうか・・・

という方もお客様に多いですが、
その成果って僕からしてみたら、なんていうか
「想定内」なんです。単純にお金を稼ぐ手段でしかない。

それを続けても正直僕は
「大きく人生レベルを変えられる」とは思えないんです。

やはり「大きく」人生レベルを変える人って、
小さいながらも自分なりの個人メディアを運営し、
そこに裸の声を載せている人だけ。

西野、ホリエモン、橋下、中田



彼らのことを「異端児」という人が多いですが、
僕は皆んな素晴らしい起業家だと思う。

(性格的には置いておいて、活動面という意味です)

なぜならば、彼らは誰にも頼らず
大きな組織に依存せず「個」で戦っているから。


そして誰よりもメチャクチャ「魅せ方」を研究してそして実践している。

彼らの活動を見ていると、別に消費税が上がろうが、
韓国との経済摩擦が起きようが、アメリカに怒られようが、屁でもない気がする。

自ら発信をし続け、未来を切り拓いている。
だからどんなことが起きても稼ぎ続けていけるんだと思います。

サラリーマンじゃない個人起業家で「発信」してない人で大きく成功できる人って
それこそ特殊な技術を持っている人だけのような気がします。

逆にいうと、誰でも発信さえすれば人生を変えられる。

僕ら凡人が人生レベルを変えるには間違いなく「発信」しかないです。

「発信」を通じて新しい未来を切り拓く。

これこそが、令和での「新しい働き方」のような気がします。

20代主婦 子育てしながらBUYMA+情報発信で昨年爆発したKさん

今年もセミナー待ってました!

「1億円セミナー」は私にとって三浦さんの初めてのセミナーだったのですが、
主婦で子育て中の私に確実にビジネスヒントを与えてくれました。

子育てで忙しい私が、その後どうやってビジネスにドライブをかけるのか、
あのセミナーで答えを見つけたと思います。


今でもあのセミナー内容にそって自分のビジネス成長ルートを歩んでいます。

去年3月に三浦さんのメルマガに登録、すぐにBEC Online School に入り、
7月にBUYMAに加え情報発信も始め、初めて三浦さんにお会いし、
その後年末にはBUYMAだけで月収200万を達成、怒涛の一年でした。

三浦さんや野崎さんからヒントをいただきながらでなければ、
出産育児をしながらモチベーションを常に維持し
去年の盛りだくさんの活動はできなかったと思います。

去年三浦さんと出会ったことにより、
私の人生は確実に変わりました。


結婚して子供がいても、家庭と両立しながら仕事(ビジネス)をバリバリやれる、
そのやり方もわかる、そんな私になりました。

これからも家庭第一、
子育てしながら自分がどこまでできるのか楽しみで仕方ありません。

今年のセミナーでもヒントをたくさん得て、
次の一年の活動の指針にします。

セミナー、心から楽しみにしています!

40代男性 自己啓発塾にはまりまくるも今じゃその被害者の救済者的なビジネスマンへ

1年振りのセミナー開催おめでとうございます。

あれからもう1年が経つんですね。

自分は約2年前に三浦さんの元に飛び込み、
人生を大きく変えることが出来た1人です。

自己啓発難民の夢見がちなヒモ夫だった人間が、
ゼロからビジネスを始めて3ヶ月で月収160万円達成することが出来、

その後も紆余曲折ありながら活動を続けて居られるのも、
三浦さんと出会い、ノウハウやスキルや思考を叩き込んで頂いたお陰です。

1年前に開催された1億円セミナーでは、
今の自分がどこのステップにいて、
これから具体的にどんなアクションをしていけばいいのかが明確になり、

さらに確実にステップアップするためBREAKTHROUGHという
4ヶ月間のコンサルに参加させて頂いたことで、

自分のこれからの活動方針を固め、
伸び悩んでいた月収も再び100万円を超えると共に、

コンサル生が月商600万円を達成したり、
1つのビジネスモデルを完全外注化することで、

現在では自分は作業することなく
サラリーマンの月収を超える利益を上げられるようになりました。


空いた時間で新しいプラットフォームへの出店をし、
販路を増やすことにも成功しました。

4ヶ月のコンサルが終わり半年以上経過しましたが、
何かあれば三浦さんから教わったノウハウやスキルや
思考を思い出し原点回帰しています。

そして何よりビジネスマンとして、人間としてどう在るべきかを、
大切にする選択が出来るようになりました。


今回のセミナーにももちろん参加させて頂きます。

最後にこれを読まれている皆様へ。

2年前の自分のようにまだビジネスの右も左も分からない人や、
1年前の自分のようにビジネスである程度の実績が出たが伸び悩み、
次にどうするべきか模索している人。

ビジネスマンとして1人の人間としての在り方を学びたい人など、
1人でも多くの方がこのセミナーに参加し、
新たな一歩を踏み出せることを心から祈っています。



ビジネスで成功している人は全員「魅せ方」のプロである。



これは断言できます。

別に情報発信している・していない、
個人起業家・サラリーマンとか関係ありません。

「魅せ方」をマスターしている人は必ずビジネスで成功できる。

「魅せ方」を知らずに成功するには、
特殊な才能や技術を身に付けるしかない。

つまり、僕ら凡人が何よりも身に付けなきゃいけないのは、先ずは

「魅せ方」なんです。

残念なことに、この「魅せ方」を計算してやる人もいるけれど、
本能的に出来てしまう人がいる。

そういう本能的に出来ている人は必ずこういう。

「俺が成功できたのは魅せ方とか関係ない。努力したからだ」と。

いやいや、違うって。

自分で気付いていないだけ。言語化できてないだけ。

自然と上手に「魅せ方」を実践している。


「魅せ方」が上手な人の行動パターンはこんな感じです。


<すでに自分の持っているスキルを>

といった行動を行い、同時に

<より良く魅せる為に今、自分には何が必要か?足りないか?>
を理解しているので、

「次、自分は何をすべきか?」が明確であり
すべての行動が+に転じるようになる。


だから迷わない。

彼らは闇雲に「稼げればなんでもいい」
なんていう行動は絶対にしないんです。

もし仮にしていても「絶対にばれないように」裏でやっている。

昨年、仮想通貨が流行った時にバカみたいに
「仮想通貨で儲けたぜ!」と大声で叫び、
その後暴落したら消えるみたいな行動はしない。

黙って裏黙々と稼ぎ、その稼ぎがなくなっても
何もなかったかのように振る舞う。

彼らは本能的に

魅せ方 > 稼ぎの行動ができているので、
結果「稼げる」というスパイラルに入っております。



「魅せ方」を極めるには、先ずはとことん自分と向き合うことから始まる。

向き合う



今回のセミナーは、元々は別のテーマでやるつもりでした。

凄く真面目な真っ当などストレートな「王道セミナー」を。

だけど、ヤメました。

一番の理由はこれです ↓

僕の読者様は真面目な方が多い。きっと内容は分かっているものばかり。
どうすれば稼げるか?とかもある程度分かっている。


1番の問題は

「行動」できないということ。
「継続」できないということ。


以前、どこかで話したことがあるかと思いますが、僕にとっての最高のセミナーとは、

ということじゃありません。 それだったら、別に動画コンテンツでもFacebook LIVEでもいい。

忙しい皆さまが、貴重な時間を割いて会場まで来てくれる。

何よりも

「行動させる」

ことが一番大事だと考えます。

セミナーを聞いた翌日、、いや、帰りの電車の中からでも。

KOTOBAと戯れるセミナー後、多くの方が書店で小説を買いに行っておりました。
キングダムセミナー後、キングダムを読んでない人が読もうと決意してくれました。
1億円セミナー後、多くの方が自分の今いるステージの相談にやってきました。


これが、セミナーの主催者が参加者に一番すべきことです。

それを考えた場合「王道セミナー」ではないという結論に至ります。

令和の時代、これからの時代を見据えると
どんなビジネスでも「ドライブ」を駆けられる、
僕の最強のスキルでもあり研究テーマでもある「魅せ方」以外ないと。


そう決めてからは自分で言うのもなんですが、行動が異常に早かったです。

先ずはとことんこの「魅せ方」を自分で研究してやろう!って。

研究の最初のテーマは、皆さまのビジネスと一緒。
僕が想う「魅せ方」が上手な人のリサーチです。

すぐに彼らの共通点を見つけることに成功しました。

彼らは何よりも、

「自分のことをとことん知っている」

ということ。

強さも弱さも。

だから、その人の強みを魅せられると尊敬の念を抱くし、
弱さを魅せられると親近感が湧き、気付いたらファンになっている。

基本は同じ構造でした。

強さも弱さも上手に魅せている。

その最低条件として当然、自分の強さと弱さを知っているということです。


・・・これって当たり前に聞こえますか?

実はこれって凄く難しいことなんです。

人は自分と向き合うのを嫌います。弱さに向き合うことから逃げます。

また、強みを過剰に美化します。

そのステージじゃ「魅せ方」もクソもない。

僕のコンサルサービスではいつも「自分と向き合うこと」をやらせますが、
まあ90%の方はできてないです。

だから10%の人が成功しているという数字の裏付けにもなる。

特に面白いことに、みんな「自分の弱さ」よりも「強さ」に気づけていない。

指摘してあげると、

「いや、自分はまだまだです・・・」
「こんなの別に凄くもなんともありません」


おいおい、、なんで自分で決めているんだ? ビジネスだぞ。

評価するのは「お客様」だ。


ここは当日workshopも用意しました。
セミナー参加後、最低でも自分の「強さ」「弱さ」だけでも
知ってもらいたく思います。

年収1,500万のエリートサラリーマンでも苦悩が…その苦悩をバネに副業不動産投資で+1,000万円 のイクメン30代男性

当時の私は毎日満員電車でもみくちゃにされながら、
毎日会社まで通勤していました。

その満員電車が嫌で嫌で仕方がなかった折に、
自分で独立する手段を探していた中、
三浦さんの動画に出会うことができました。

通勤電車の苦しみの中で希望を与えてくれ、
背中を押してくれたような気持ちに何度もなったことを今でも覚えております。


学生の就職人気ランキングでは常に上位にいる博報堂出身、
年収は1000万円を超えている。

でも、その博報堂をクビ!!になり、情報発信で独立している!という事実と、
同時にその当時クビになった時の苦悩やジレンマを
率直に話される三浦さんにどんどん惹かれていきました。

その時にタイミングよく「1億円セミナー」が開催される事を知り、
すぐに申し込みました。

嫌な通勤時間ずっとYoutubeを通して見ていた三浦さんが目の前にいる、
映像でしか見た事がない人を前に緊張しながら
セミナーの休憩時間に直接お声かけさせて頂きました。

物腰も柔らかく、お人柄にも惹かれて
Breakthroughに参加させて頂いたのは必然でした。

サラリーマン生活をずっと続けてきた人間にとって情報発信は別次元の話で、
全くの門外漢。全くの素人の私でも温かく迎えてくれました。

三浦さんのこれまでの特異なキャリア、人生、それらひっくるめて、
直にお話しを伺えるBreakthroughは貴重な時間でした。

私の場合は今もサラリーマンをしておりますし、
定量的に、いくら売上があがったというものはありませんが、
三浦さんには人生の幅を広げる様々なチャンスを頂きましたし、

独立への道筋を明確にして頂けることで、
何をすればサラリーマンを卒業できるのかが明確になりました。


Breakthroughが終わった今、
いつでもサラリーマンを卒業できるという選択肢を得たことで、
サラリーマン生活が何倍も楽になりました。


一番苦しいのは選択肢がないこと。

ローンがある、転職しても年収が下がる、
他にやりたい事がない等々今の会社を辞めれない理由は
人それぞれあると思います。

転職するにも特段の専門性やキャリアがなく、
また資産もないサラリーマンは、時間と共に選択肢がなくなっていき、
どんどん追い詰められていきます。

この右も左も道が塞がっていて、私の様に毎日の通勤電車が嫌で仕方なく、
でもそこからの脱出方法が分からない人は、是非一度三浦さんに会って下さい。

自分の人生の選択肢が広がります。

選択肢は広げる事ができれば、自分の人生の主導権を取り戻すことができます。

会社を辞めたっていい、クビになったっていいというの人間は、
勤めている会社がどれだけ大きかろうと対等に戦えます。

会社をいい意味で自分の人生のプラスになるように
利用するというポジティブなマインドが生まれます。

自分の人生は自分のものです。
三浦さんは、その最強のマインドを手にするまでのガイドをしてくれます。

三浦さんのこれまでのキャリアが何よりの証拠であり、
博報堂を実際にクビになって、その数年後には1億円セミナーを開催されている、
そんな人他にいるでしょうか。

三浦さんの人生を通しての苦悩や努力から発信される言葉には、
今を悩んでいた人たちにとってきっと特効薬となると信じています。


直接生の声をきける貴重な機会、
実際に五感で感じられることをおすすめします。



レバレッジが効かないビジネスに興味がない

レバレッジ



「よく毎日メルマガ書けますね……尊敬します。。。」
「三浦さんって継続の鬼ですね……そりゃあ成功しますよ、稼げますよ」


さすがに7年もメルマガを毎日書いているとこういう声が聞こえて来ます。

ですが、正直僕は、「凄くもなんともありません」。

自分が凄いなんて一度も思ったことがありません。

継続の鬼?? いやいや、マジで苦手です。

ただ、メルマガを書き続けている理由は単純で

「稼げるから」
「成長できまくるから」
「レバレッジが効きまくるから」


です。

「このくらいやったらこのくらいの成果が出る」
と分かっているビジネスも当然やらなきゃですが、
あくまでもそういうビジネスは僕にとってはサブです。
メインではありません。

メインのビジネスは「やった以上に見返りがあるビジネス」です。

じゃないとこんなだらしない人間が長くビジネスを続けられない。

何も見返りがなかったら、書きませんって、マジで。

情報発信を通じて絶えず「魅せ方」を考え続けることで、
僕の人生は好転しまくりました。


もはや、麻薬状態でヤメられません。。。

遠い未来のことなんてわかりませんが、
他のビジネスをやったりヤメたりしても、
このビジネスだけは死ぬまで続けていると思います。



「魅せ方」を知らないから、情報発信をしても滑る。



僕が大好きな情報発信ビジネス。

こんな素晴らしいビジネスですが、やっている人は少ないですし、
情報発信バイブル発売直後はたくさんの方が着手しましたが、
すぐにヤメていきました。

理由は明快です。

「成果が出ないから」
「稼げないから」


です。

さっきの見返りの話じゃないですが、人は努力できる生き物ですが、
明快なGOALであったりやったことに対しての成果を感じないと
継続できない生き物です。


なぜ、この僕の人生レベルを変えてくれた
「情報発信ビジネス」で皆んな成果を出せないのか?

500人以上教えてもらってたどり着いた結論が

「魅せ方」

でした。

最初にこれを学ばないと、話しにならないということがよーく分かった。

なので、セミナー当日は「魅せ方」に付いて、
そしたworkshopもたくさん挟んで皆様に

「魅せ方のプロ」になってもらおうと思います。



なぜ出版するの??



なぜ、今、個人起業家はこぞって出版しているのか?

印税狙い??

当然違います。

彼らからして見たら出版した印税の売上げなんて大したことありません。

それ以上に「魅せ方」を意識しているからです。

「作家の○○」という肩書きが欲しいから、

怪しい個人起業家から社会的に地位が高い
「作家」という魅せ方をしたいからです。


その「魅せ方」のために、広告費も含めて
1,000万円以上投資している人すらいる。

そのくらい価値があると思っているからです。

SNSで家族との写真ばかりあげている人
→ 家族思いという自分を魅せたい(本当はそこまで家族想いじゃなくても)

旅行に行ったら必ず写真をUPする
→ 自由な自分を魅せたい(たまにの旅行でも)

仲間との集合写真ばかり上げている
→ 友達想いの自分を魅せたい(友達が少なくても)

美味しそうな料理ばかり上げている
→ グルメな自分を魅せたい(本当は余り味が分からなくても)

こういった魅せ方大会がSNSでは日々繰り返されている。



「魅せ方」を理解すると、騙されなくなる。

no!



残念ながら、この「魅せ方」というのは恐ろしい一面も持っています。

それは、「実力がなくても魅せ方だけでビジネスは成功できてしまう」ことです。

女性起業家のキラキラ系女子の多くはその部類でしょう。

なんか楽しそうだな〜素敵だな〜〜と思って
ランチ会やセミナーに参加するも話す中身はスカスカ。
金も時間も無駄だった…みたいな。

正直僕自身も、2012年〜2013年の1年くらいは騙され続けておりました。

素敵な魅せ方にやられて、会いに行くも、ガッカリすることがとても多かった。

なぜ、そういうことが起きたのか?と申しますと、
当時は僕も「魅せ方」が分からなかったからです。

だから本物と偽物の区別が付かなかった。
「魅せ方」にやられてしまった。


いっつも仕掛けられる側だった。

だからお願いがございます。

僕がこの「魅せ方セミナー」をやりたかった一番の理由は

そういう方に、当たり前の評価や成果を勝ち取ってもらいたいからです。

だから、変に悪用して欲しくない。

嘘の自分を魅せて、一瞬稼げても破綻しか待ってないですから。

それよりも、何よりも「正直者が馬鹿を見る世の中」はやっぱりおかしい。

しっかりと実力通りの評価を受けるべき。

「魅せ方」が下手くそでも学生時代まではなんとかやっていけます。

「見てくれる人はしっかりと見てくれるから」

体育会系あるあるですが、体育会も1つのコミュニティ。
そこには目立つ人、地味な人、実力がある人、実力がまだ劣っている人、
様々な人がいますが、しっかりとした指導者であれば

「公平な評価」をしてくれます。

そして少しくらい、実力が劣っていてもいつも真面目にコツコツやっている人、
誰よりも努力する人はいきなり試合に抜擢されたりする。

そういう世界が僕は大好きです。

ですが、社会にはそんな素敵な世界はありません。

「魅せ方」をしっかりと研究しておかないと、
不当な評価を受けまくる。貧乏くじを引きまくる。


「俺はアピールするのが苦手だ」

とか言っている場合じゃない。

そんな美学は魑魅魍魎な社会ではなんの足しにもならない訳です。

しっかりと自分のやったことに対して「評価」してもらうには、
「魅せ方」を学ぶことはどうしても避けて通れないんです。


しっかりと評価してもらい、対価を頂く。

そして、ほんの少しだけ実力以上に評価される喜びと
不安を味わってもらいたい。

「ほんの少しの実力以上の評価」は人を強くする。

自分の実力と評価の乖離を埋めるように努力することで
人は成長のスパイラルに入れる。

繰り返しになりますが「魅せ方」だけ上手くなって、
実力以上に評価され続ける人間にはなって欲しくないし、
それでビジネスを行っても悲惨な結末しか待っておりません。

「魅せ方」だけが上手くなり、結果、病んだり・鬱病になったり、
生きていくのが辛くなった人すらいました。

そのくらい「強力なノウハウ」なので、慎重に活用することを望みます。



「魅せ方」は別に情報発信ビジネスだけじゃない



僕の一番のキャッシュポイントである「情報発信ビジネス」は
「魅せ方」の理解なくして成立しません。

ですが、これって情報発信ビジネスだけに必要なのか?と言われると
「違う」と即答できます。

日々の職場での活動、友達との付き合い方、何気ないLINEのやり取り、、
全てにおいて活かされるスキルです。


勘違いしないで頂きたいのは、魅せ方を極めるということは、
別に自分を偽れ という話ではないということです。

しっかりと自分の長所も短所も理解した上で、
あらゆる状況でBESTな行動をしていくこと。

「魅せ方」を知っている人は、

また、「魅せ方」を追求していくとこういう気持ちも芽生えます。 やはり「誰かに見られている」という状態じゃなきゃ、
人は成長できない。

芸能人がいつまでも若く見えるのは、
絶えず「誰かに見られている」からです。


別にカッコつけシイになれと言っている訳じゃありません。

「魅せ方」を研究することで、よりよい人生を歩むこと。

そして、より成長する意識を持つこと。

僕自身、他人の目なんてどうでもいい時期がありました。

だけど、そういう意識を持った時点で実は誰よりも
「他人の目が気になる」という矛盾に気付いた。

そこからは早かったです。

「だったら、素直に受け入れて素敵な男と見られるように努力しよう」と。

自分にとって素敵な男とは?

そこを深掘りして、「魅せ方」を研究。
足りないところは努力して補う。

セミナー当日は、この辺りを皆様と一緒に深掘りして行く予定です。



こんな流れで当日は話そうと思います。



当日は「魅せ方」に付いてとことん学び、
皆様のビジネスにドライブを駆けてもらうべく
以下のカリュキュラムをご用意させて頂きました。

多分、4〜5時間話しますし、workshopもたくさん行いますので、
ぜひ前日はゆっくり寝ておくことをお勧め致します。


プログラム



YouTubeを実践している方・これから参入を検討している方は必ず参加してください。

YouTube



少しだけ昔話になりますが、、

もともとインターネットを使ったビジネス市場では、
YouTubeから参入した僕。

「昔は良かった〜」

ということばかり言う奴ってダサいですが、正直、

「昔は良かった〜」 「昔はもっと簡単だったー」

と思ってしまいます。

基本ブルーオーシャンを探すよりも、レッドオーシャン市場に後発組で参加し
モデリング・差別化を図り競合他者を凌駕するのが大好きな自分ですが、こと
この「YouTube」しかも、「YouTubeアドセンスで稼ぐ」ということだけは
自分の人生において「先行者利益」を獲得できた感じです。

ですが、やはり所詮、そういうのは長く続かない。

たった1ヶ月半で36万円稼ぐも、
たった1ヶ月でチャネルが飛んでしまいました。

そんな自分の辛いしょうもない過去を話したい訳じゃなく、、

もともと興味のあったYouTube。

2013年からずっと研究しているので、
とにかく僕の周りにはYouTuberが多い。


そして、そのYouTubeで稼ぎまくっている人が多い。

彼らはいい感じで僕を利用してくれている。

「三浦のYouTube情報は美味しい」って。

YouTube



そして、今は、ここです。

もう小細工は通じない。

結局今、YouTubeで一番大事なことは

「魅せ方」です。

大好きなYouTubeだから今日はもう少しだけ突っ込んだ内容を。

たくさんの芸能人がYouTubeに参入しておりますが、
ぶっちゃけ「認知度」だけじゃ稼げないのがYouTube市場です。

あの所ジョージや元SMAPの草彅くん、博多華丸大吉も苦戦している。
ひょっこりはんや、小島よしお、すぎちゃんも、
人気がなくなったと同時に副業的な感覚でYouTubeに参入するも、
全然再生回数が伸びない。

あのダウンタウンのまっちゃんと同じくらい才能があるウッチャンも、

「YouTuberとして成功するには、今やっている番組全て降りて
全力で向き合わないと無理」
とも言っている。

でも、先ほどのご紹介させて頂いた

・ カジサック
・ ロバート秋山
・ ヒロシ
・ ゴー☆ジャス
・ 本田翼

たちは大成功を収めている。

この違いこそが「魅せ方」を理解しているかどうかです。

今、YouTubeで成功したかったら何よりも

「全力感」
「楽しんでいる感」
「好きなことを心からの楽しんでいる感」


を魅せなきゃいけない。

バカみたいに、極太ゴシック体を使ったサムネイルや、
カメラ目線で話す手法だけを真似しても未来はない。
芸能人や著名人でも稼げない。

「魅せ方」を研究しなければ、
これからどんどん参入者が増えていくYouTube市場では生き残れません。


僕は僕で先月新しいチャネルを立ち上げました。

「YouTubeの未来」を見据えて。

「新しい魅せ方」の研究の1つに。

まだまだ1ヶ月ですのでこれからですが、もし時間があれば狙い・意図、

今僕が考えている、YouTubeでの「魅せ方とは?」の話もしたいと思います。

30代男性 脱転売 安定した転売だけでなくオウンドメディア+ステップメールで更なる飛躍を遂げたI氏

今年もセミナーの開催おめでとうございます!

僕は1年前のセミナーに出席し、
また1つビジネスを前に進めることが出来ました。

「自動化の収益で月収100万円」というのも、
あのセミナーなしには達成できなかったと思います。


きっかけをいただいたのが三浦さんのセミナーだったのですが、
最大の要因は「道筋が見えた」ことです。

本質的な学びってあまりに抽象的だったり
フワッとしすぎたりするものですが…

自身の経験をベースに、
どこまでもリアルな話を聞くことができました。

「やるべきこと」が明確になっただけでなく
「やらなくていいこと」もハッキリ見えて、
視界がクリアになったことを記憶しています。


正直「面倒だな…」と思うことも多々あり、
先延ばしにしてきた自覚もあったのですけど(笑)

意を決してスタートを切れたのは、
その面倒を先回りした上で
ステージごとのアクションを明確にしてくださったおかげでした。

また、副業ブームもあり「ネットビジネス」が
明らかに一般的になってきている中で、
こうした最先端の情報を知らず時代遅れになるのは単純に嫌だなと…!

振り回されて無駄なことに時間を費やさないためにも、
しっかり学ばせていただきたいと思います。

20代男性 一流大学 → 一流企業にいくも可能性を信じて起業した若きエース。昨年は月収1,000万円を達成

「なんて引き込まれるメルマガなんだろう。」

そう感じて、以前からメルマガを読ませてもらっていたのが三浦さんでした。
そんな三浦さんが「セミナーをやるらしい」ということで、
はじめて参加させていただいたのが1億円セミナーでした。

セミナーでは、三浦さんの熱量に圧倒されながら
非常に学びの多い1日を過ごすことができました。

なかでも他の発信者と違うと感じたのは、
「三浦さん自身の経験から成功も失敗も徹底的にリアルを伝えてくれる」ということです。

だからこそ深く共感できるし、何より説得力があります。

またその出会いからご縁があり、
三浦さんの企画「ブレイクスルー」にも参加させていただきました。

企画、マーケティング、セールス、ステップ化(自動化)

情報発信に限らず、ビジネス全般に活かせる根幹の知識や考え方、
スキルを深く学ばせていただきました。

加えて、自分の教材販売、プロモーションにもアドバイスや
サポートを徹底的にしていただきました。

結果として、夢にも思わなかった
月収1000万円の大台を超えることができました。


徹底的に一人一人と向き合って、
時には厳しくアツく指導をしてくれる。

本当に人を育てることに全力だと感じました。

また色んな面での知識や引き出しの量が半端なく、
おかげ様でブレイクスルーで学んだことが情報発信だけでなく、
物販でも活かせるようになってきています。


僕はセミナーに参加したことで三浦さんとのご縁をいただき、
自分のビジネスのステージや見える世界が本当に大きく変わりました。


三浦さんのメルマガを読んで少しでも何か感じるものがあれば、
ぜひ会場にきて三浦さんのリアルを体感して下さい。

間違いなく、あなたのビジネスが
大きく飛躍するきっかけになると思います。



令和一発目のセミナーとして、最後は「今時っぽい男」の声を



今回のこのセミナー募集レターを開発するに当たって、
新しい試みをしてみました。

気付いた方が多いと思いますが
「推薦者の声」を文中にはめ込む感じです。

大半のセールスレターは「推薦者の声の欄・スペース」みたいなところが設けられて、
ただ並べているだけが多い。

別にそれでも良いと想うが、かといって決まりでもない。

そして、何気に読まれないことが多い。

読んでくれた方ならお分かりかと思いますが、
僕の周りはこういう文章も一生懸命素敵に書き上げます。

だから単純に「エヴィデンス」として載せるのは嫌で、
少しでも多くの方に読んで欲しいと思い、企画しました。

これもセールスレターに見慣れた皆さまへの
「新しい魅せ方」の提案だったりします。


結果、どのくらい効いたのか分かりませんが大事なことは、
そういう細かいところの「魅せ方」も意識すること。

ただ、普通にフォーマット通りにやっても「魅せ方」で差別化は図れない。

「神は細部に宿る」という言葉が大好きですが、
この言葉は「魅せ方」の為にあるような気がします。

最後の最後まで拘る。細かい所まで拘る。

セミナー後、そんな意識になってもらえたらなーと思います。

最後の推薦者の声は一番気難しい奴をw

こういうのが大嫌いな彼に敢えて依頼してみました。

ぜひ、このレターとセットで、参加の検討材料にしてもらえたら幸いです。

群れるのもつるむのも嫌い。ただ己の成長のみをフォーカスしている20代の今時の若者。
魅せ方にも拘り、昨年は月収1,000万円を達成のKくん

正直なところをお伝えすると、この推薦者の声という欄は嫌いです。

ボクが思うにこの推薦者の声というのは、
商品の性質上「手に取って確認できない物」だからこそ、
それが本当にいいものかどうかを「本音」と共に伝えることが、
この推薦者の声に求められていることで、
実際に判断するお客さんが何より知りたいことだと思います。

この「本音」と共に伝えるという、
推薦者の声に求められている大原則がごっそりと抜け落ち、
「販売者への忖度」から、本心では微塵も思っていないメリットを
つらつらと並べ立てる推薦者がほとんど
な為、
この推薦者の声というものが好きではないのです。

ですから、ボク自身こうした形で
推薦者の声をこれまで一度も書いたことはありませんでした。

しかし、今回こうした形で推薦者の声を書かせてもらった理由はたった一つで。

ボクは今のあなたと同じように、1年前に孝偉さんのセミナーに実際に参加し、
直の声を聞き、「実力以上の評価をもらえない埋もれ人」から脱した一人として、
忖度なしに本音を伝えられると思ったからです。

「このセミナーに参加したら月収50万円になりました!」
「このセミナーで人生変わりました!」

こんな胡散臭い声を見ることがありますが、
こんな陳腐で安易な言葉を並べることは、
満を時して開催するこのセミナーに対して失礼に値いするかと思いますので、
ボク自身の「埋もれ人」への脱却を数字で表現することは割愛しますが、
人というのは往往にして、自分を客観視することはできません。

特別なスキルを持っていても、能力を低く見積もってしまい、
そのスキルや能力に価値はないものだと想像してしまいます。

しかし実際には、その能力やスキルに価値がないのではなく、
客観視ができていないからこそ、価値に気づけないだけなのです。


事実江戸時代の日本では、鎖国状態が続いていたため、
閉鎖状態の中で独自に切磋琢磨していたのが僕らの祖先でした。

島国の日本は、隣国とつながっている
ヨーロッパなどと見比べることができなかったため、
江戸時代の人たちは「自分たちのスゴさ」に気づくことはなかったわけです。

その後ご存知の通りペリーが来国したことをきっかけに、
開国が進んでいくわけですが、外国人が日本に来た時、
その技術力の高さに驚き感銘したことは有名は話。

ある話では、伊能忠敬が書いた日本地図の精巧さがあまりに優れていたため、
「この地図を作る日本という国の技術力ははるかに高い」と外国人は驚き、
一度撤退したという話さえあります。

しかし、当の本人は、何がすごいのか全く見当もつかず。

いわば当たり前のことなので、
何に驚いていのか皆目検討もつかない様子だったそうです。

要するに、自分ではそのスゴさに気づかないことでも、
その価値に客観性を持たせることによって、
「本当の価値」が見出されるということ。


そして、自分一人では客観性を持てないため、
自分のスゴさには気づけないということなんです。

孝偉さんのセミナーに参加する価値というのは、
まさしくここにあると思うのです。


孝偉さんの人柄と魅力に惹かれ、
彼の元へ各分野のプロフェッショナルが集まっています。
各分野のプロフェッショナルからの情報が集まるため、
そこには大きな客観性が保たれています。

ネットビジネスとは孤独との戦い。だからこそ、
自分のスキルや能力がどれぐらいのレベルか、
そしてやっていることなどが果たして正しいのか。

孤独な作業との連続だからこそ、
自分一人では判断することが難しくあります。

まさにボク自身も自分自身の能力に全く気づいていない一人でしたが、
「お前は1000万稼げる人材だ」と言われ、
客観性の保たれた孝偉さんから言われた一言により、
ブレイクスルーできた一人でした。

おそらく、孝偉さん以外からの一言であれば、
そこに真実味はなかったと思います。

なぜなら客観性が担保されておらず、情報に偏りがあるのなら、
内輪だけの傷の舐め合いに近い状態だったからです。

しかし、多くの人にふれあい、自身の挫折を乗り越え、
数々の人を見て来た孝偉さんだったからこそ、
受け取った言葉は何よりも価値あるもので
「自分が積み重ねて来たものは間違いじゃなかった」と
全身を包んでくれた一言でした。


そんな方から、背中を押されること以上に、
「自身」と「自身の魅力」に気付ける機会はなかなか無いでしょう。

ちょうど一年前にセミナーを受けた人間として。
これから受けるかどうかの参考にしていただければと思います。



最後に・・・



覚えている方がいらっしゃったら嬉しいのですが、
お手紙本文にも書きましたが、8月8日(木)のメルマガにて、
本当はこの「魅せ方セミナー」の前には
違う企画を考えていることをお伝え致しました。

名付けて

「THE 王道セミナー」

レターもこんな感じで書いておりました。


正直、もう疲れました。こういう相談に……

  • Amazonのアカウントが飛んだ……
  • 仮想通貨で余計に借金をしてしまった……
  • Googleのルール改正が速すぎて追い付けない
  • Facebook広告の規制がまた厳しくなった
  • 一緒にやってたパートナー に裏切られた。
  • 「この人だ!」と思って付いて行ったが捨てられた
このようなインフラや他人に依存したビジネスで右往左往している人。

そして、このような方も一向になくならない。
  • 稼ぎたいが、副業はやっぱイメージが悪い。家族の了承を得られない。
  • いつかは起業を考えているが、今はタイミングじゃない。
  • YouTubeをやろうと思っていたがいつの間にか
    こんなに人気が出てしまったのでもう遅いかも?
何か新しいチャレンジをしようという気持ちだけで、全く行動が伴わない人も。

いい加減目覚めましょう。

「ビジネスに抜け道はなし。  だけど、近道は存在する。」

「いつだって、最初の1歩を踏み出すのは自分」

誰に恥じることもなく、真っ当なビジネスを真っ当に行い、
そして稼ぎ続けて豊かな人生を。

「THE 王道セミナー」

いつも通り、真っ向勝負な話だけをしようと想います。

なぜ、稼ぎ続けられるのか?

2019年5月、、元号が平成から「令和」に変わりました。

皆様におかれましては、如何お過ごしでしょうか?

短期的な目で見たら昭和・平成から
何も変わってないように感じられる方も多いかと思いますが、
俯瞰的にみたら
  • 「働き方改革」という名の時短ハラスメントの横行
  • 「副業」「起業」「個人事業主」という言葉の定着度に対しての
    体制ができてない旧態依然の企業ばかり
  • 高齢者ドライバーの事故急増
  • 50-80問題に代表される引きこもり系の悲惨な事故の急増
  • 韓国との歴史上、最も関係が悪化している昨今
  • ジャニーさんの死によるエンターテイメント業界の激変
  • 日大アメフト、吉本興業、張本氏から見られる「パワハラ問題」の過熱ぶり
昭和+平成と生きてきた僕からしてみたら、
令和元年は恐ろしいほどの激変ぶりで驚いております。
すべての事象がこの元年に示し合わせたような、、そんな気すら感じます。

ですが、世の混乱が嘘のように私自身は、2013年に起業させて頂いてから、7年。
僕の仕事は何も変わりません。
おかげさまで、売上もお客様も仲間もパートナーも安定しております。

よく言われていることですが、起業後5年間で80%が廃業し、
次の5年間で残った20%の内の80%が廃業。
結果、10年生き残れる企業は4%。
残りの96%が廃業に追い込まれているというデーターが存在します。

確かに、その数字は感じるものがあり、
ことインターネットが台頭した時に
「ネットビジネス起業家」なる人がたくさん現れましたが、
多くの方が消えました。

悲しいことに、一緒に頑張ってた仲間の多くも
最近は連絡が取れない状態になっております。

そんな状況の中、なぜパソコンに詳しいわけでもなく、
大量に広告費を使うわけでもなく、他人に媚び諂う訳でもないのに、
自由にビジネスを継続させられるのか?

自分なりに考えて見ましたが、答えはこれ以外見つかりません。

「当たり前のことを当たり前にやっているだけ」

そして、

「変な美味しい話に飛び付かずに、信じたことだけを継続しているだけ」

「3ヶ月に一回くらい定期的に現れる新サービスも全部シカト」

「良さげなサービスと思ったら後で参入してやれば十分」

この気持ちでビジネスに向き合っているからだと思います。

だからシンプルなんです。難しいことなんて何もない。

このismを理解してくれる同士の方々は皆んな、
同じようにビジネスを成功させている。

だけど、やはり人は弱い生き物。

「耳障りのいい言葉」にはついつい反応してしまうものです。

いつまで経っても、「楽な道」「抜け道」を探す人ばかり。

あんなにアドバイスしてあげても聞く耳を持たず、
騙され続けている人ばかり。

そういう方にいい加減目覚めて欲しくて

「1番退屈だけど、1番大切な話」をする予定でした。

ただ、考えていくウチに

「どうせ、また聞かないなー」
「行動しないなー」


と思った次第です。

人間、正しいことを理解するのと、
それを行動するのにはすんげえ壁がある。

僕は所詮人は、王道を理解しても、絶対に
「もっと楽な道はあるはず」と考える生き物だということを知っているからです。


だったら僕にとっての「邪道」ってなんだろう?と考えてみました。

こういう性格ですし、僕は一度、人生に失敗した男です。

邪道な道に明るい未来なんてないのは痛いほど分かっております。

ただ、他人からみたら僕のこの「魅せる力」というのは
邪道に見えるかも知れない。

実力以上に、成果を出せている要因かも知れない。

その考えに至り、ふと周りを見渡してみると

「魅せ方、下手くそだな〜〜」

という人ばかりな現実を知ります。

「もっと上手くやれよ」
「なんでそのタイミングでそのFacebook投稿?」
「なんで今、その話をするの?」
「なんで今、チャットワークに投稿しないの?」
「なぜこの流れでメルマガでセールス??」


自分にとっては当たり前のことですが、
理解できない発信や行動ばかりが目に付くようになりました。

逆に、ホリエモンがホテル住まいの理由、
落合陽一がイクメンパパをアピールしている理由、
キングコング西野がカジサックの動画で話した内容、、

すべて計算されて動いている人、
魅せ方が上手な人だけが輝ける時代だということ。

これは別に特別なスキルでもなんでもないんです。

「知っているか、知らないか」

その違いだけです。


僕は13年間、大手広告代理店で様々な芸能人や
優秀なクリエイターを近くで見ておりました。
そして彼らの「プロ意識」を間近で学んでおりました。

皆んな、発言、行動、、すべてに意味を持たせている。

意味のない活動はしない。

最近の事例でいうと、この「魅せ方」で大成功した人、大失敗した人がいます。

吉本騒動

たった1回の会見で、それこそ天国と地獄の違いがありました。

別にこれって彼らだけの問題じゃない。

僕らにとっても何気ないSNS投稿一発で起きうる事象です。

インターネット、SNSがここまで主流になってきたら止めれない事象です。

だったら、流れに逆らわず上手く付き合って行こう。
逆に利用しまくって、稼ぎまくろう!


というのがリアルな本音です。

僕はこれからも、「ずる」はしないです。

真っ当にビジネスを行うつもりです。

メルマガも毎日書きます。


ただ、、

やったからには、それなりの見返りが欲しいのです。

それもしっかりと100%、120%。

なんだかんだ一流大学・一流企業に勤めている人間は相対的に
「魅せ方」が上手いです。

しかし、個人事業主になってそれこそ様々な人と出会い、ビジネスをしてきましたが
「魅せ方」が下手くそな人が多過ぎる。

すんげえ努力しているし、真面目だし、
話せば話すほど魅力を感じる人ばかり。

ただ、今の時代

「噛めば噛むほど味が出る」

ような僕が大好きな人種は生き辛い世の中だったりします。

そういう人が「魅せ方」が上手な人に搾取される時代です。

サラリーマンだったらこんな話、絶対にしません。

なぜならば、みすみすライバルをつくるだけだから。

だけど、今の僕のビジネスは競合なんていない。

いつだってライバルは「自分」だけですから。

だから、余すことなく、僕の邪道をお伝えすることに何の迷いもありません。

ぜひ、「魅せ方」を学んで頂き、 皆様のビジネスにドライブが駆かることを心より望みます。

それでは、当日、、会場でお会いしましょう。

株式会社KOIコミュニケーションズ 代表取締役 三浦孝偉



<"ヘッダー2"

セミナーのご参加はこちら